DOCTORS VOICE
初期研修医・専攻医・医師 採用情報

山口県研修病院特集 Vol.3

マッチング

山口労災病院/下関医療センター/関門医療センター/山口県済生会下関総合病院/下関市立市民病院

資料請求

1山口労災病院

診療科、他の医療スタッフ間の垣根が低く、非常に相談しやすい雰囲気の中での研修

現在2年次:1名、1年次:3名の研修医が当院で初期臨床研修を行っています。二次医療圏の中核をなす急性期総合病院であり、地域医療支援病院として多くの登録医との間で紹介、逆紹介を行っています。
勤労者の健康福祉に関する政策医療は病院のもう1つの柱で、勤労者の心筋梗塞、脳梗塞、外傷などの急性期医療からリハビリテーション、予防医療まで幅広く取り組んでいます。一次・二次救急をはじめとして、日頃遭遇する機会の多い疾患の初期診療をマスターできる病院です。指導はマンツーマンで親切丁寧であり、いろいろな手技を経験できます。希望者については横浜ろうさい病院で救急研修ができます。

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は基本的に平均4回です。当直中は平均で5件~10件の急患対応を行います。輪番日等は専門科へ時間外でもオンコールにより紹介できます。当直明けは、申請により全休又は半休が可能です。 

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

総合病院ですので、ご希望の見学診療科がありましたらお気軽にお問い合わせください!糖尿病内分泌・血液内科、消化器内科、循環器内科、外科、整形外科等がおススメです。

2JCHO 下関医療センター

少数精鋭、プライマリ・ケア研修を中心に知識と診療技術を習得、人格や人間性を養う

当院は少人数制の研修ではありますが、人数が少ないからこそ、研修先の科で先生方を独り占めにできたりします。下関市は当直が当番日制で、研修医は基本的に当番日のみに入ることになりますが、一晩で非常に多くの患者さんが受診されるため、とても内容の濃い当直となります。まだ当直が始まって2ヶ月目ではありますが、緊急性の高い疾患から珍しい症例まで幅広く体験できました。
もちろん上級医の先生方や2年目の研修医の先生は当直中も大変気にかけてくださり、安心して働け、医師としてスキルアップできる環境も整っています。 みなさん、ぜひ一緒に下関医療センターで初期研修を行いましょう!

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

下関市の救急医療体制は、当院他3病院の公的病院が輪番制で担っています。8回/月の当番日があります。初期研修当直は、その当番日で4回/月、救急部選択月は6回/月となります。下関市26万人の救急を担います。当直中は初期対応を行います。もちろん、当直医のベテラン外科系医師1名、内科系医師1名がサポートしてくれます。
■救急車搬送患者 10.5名/日
■救急外来患者 23.0名/日

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

休日の輪番制当番日の宿日直を見学後、一泊して平日に診療科見学するのが評判です。救急現場では現役医師はもちろん研修医も勤務しますので、現場を感じながら生の声を聴いてみてはいかがでしょうか。休日の当番日は2回/月ありますので、早目のご連絡をお待ちしております。
※院内宿泊施設を無料提供いたします。

3関門医療センター

研修医の仲が良い!基礎的臨床能力の習熟が高い!多数の研修施設!

自由度が高いテーラーメイド式によって満足度の高い研修プログラムが可能です。2年間の研修期間中は総合外来、救急当直に随時参加し、プライマリ・ケアと救急研修の充実を図りながら、マンツーマンの指導医の下で豊富な症例を経験できます。
夜間の救急当直も多く、初期対応を研修医が行うため、基礎的臨床能力の習熟が早い段階で身に付きます。症例検討会や研修会も多く実施しており、その他にも多くの研修協力施設があり沖縄や海外への研修機会もあります。
研修医の人数が多く、常に活気に溢れており、恵まれた環境です。下関市は歴史、文化のまち目前は関門海峡。病院も綺麗で研修医宿舎、美術館、居酒屋も隣接しています。

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

副直として初療を担当、上級医の指導のもと帰宅・入院までを担当。ルート確保や採血なども行います。輪番日(4日に1回)30~40件、非輪番日10件程度の患者対応を行います。週に2回、研修医全員と指導医で救急症例の振り返りカンファを行います。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

総合診療科です。指導医の副院長 佐藤先生はとても教育熱心な先生です。そこでは当センターの研修医が意気揚々と働く姿を肌で感じることができます。見学については、時期や曜日の指定はありませんのでいつでも見学に来てくだい。

4山口県済生会下関総合病院

きめ細かい指導で第一線の臨床医を育成します

下関の基幹病院として平成17年に新築移転しており綺麗な職場で最新の機器を使った研修を行うことができます。現在、初期臨床研修医1年目5名、2年目8名の計13名が研修をしています。研修医も適度な人数であり、多くの症例を経験することができ、研修医同士の交流も活発に行われています。
給料日や疲れたときには病院借り上げの寮の近くの居酒屋で集まって飲んだりしています。上級医の先生方もとてもフレンドリーで分からないことがあればすぐに相談できます。お忙しいときでも質問に行ったら「教えるからちょっと待っとれ」と時間を作ってアドバイスをしていただけます。上級医の先生方のバックアップもあり楽しく研修生活を送れています。また、病院としても小児救急拠点病院、地域周産期母子センター、地域医療支援病院、災害拠点病院、がん診療連携拠点病院に指定されており専門的な診療能力を身につけることができます。

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は月平均4回で当直帯だと15人前後、休日の日直帯だと25人前後の患者が来ます。忙しいですが、多くの患者を診ることができるので初期診療の実力もその分しっかりと身につきます。重症患者の場合は時間外でも専門の待機医に連絡できるので安心です。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

循環器内科は心臓カテーテルやペースメーカー埋込などを多くやっており、水曜日の午前中が特に多く見れると思います。消化器内科も内視鏡をストイックに数をこなしているのでおススメです。整形外科は月水金に手術件数が多いのでこの曜日に見学されるのがよいと思います。他にも麻酔科、小児科、呼吸器内科なども見所がありおすすめです。

5下関市立市民病院

専門医・指導医をはじめ病院全てがあなたの研修をサポート!

地域医療を担う中核病院として化学療法センター、透析センターを開設し多様なニーズに対応している病院です。また、緩和ケア病棟では終末期医療を学ぶことができます。呼吸器腫瘍センター、脊椎・脊髄病センター、リウマチ・関節センターなど、診療科の垣根を超え総合的・専門的な診療を行っています。
少人数での研修なので、指導医よりほぼマンツーマンの指導を受けることができ、多くの手技・処置を経験できます。麻酔科研修、BLS・ACLSを修得することで、救急蘇生術を修得できます。必修科の内科では(循環器、消化器、腎臓、血液、リウマチ膠原病内科)を研修するので、幅広い内科分野を経験できます。内科系と外科系で関連する診療科(消化器内科→外科、循環器内科→心臓血管外科)を選択すれば、内科的アプローチと外科的アプローチを一貫して学ぶことができます。専門研修プログラムの連携施設なので、後期研修の先生に相談することも可能です。

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直回数は基本的に月4回で、内科・外科どちらかの副当直に入ります。ファーストタッチは初期研修医が行います。1人の初期研修医が診る患者さんは5名から20名程度。上級医のもと緊急性の判断・問診・検査・治療方針などを決定します。検査や画像の見方などをその場で指導してもらえます。軽症から重症まで様々な患者さんが来るので、なかなか寝ることができないこともありますが、様々な救急疾患の対応が身につきます。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

どの科もお勧めですが、お盆の時期は患者さんが少ないのでお勧めしません。救急が見たいのであれば、当直見学がお勧めです。外科・消化器外科では、ほぼ毎日手術があり、ヘルニアから胃がん・大腸がん・肝臓がん・すい臓がん・乳がんなど様々な疾患の治療が行われています。循環器内科は心臓だけでなく足など末梢動脈のカテーテル治療を行っていますが、金曜日は冠動脈造影検査が少ないのでそれ以外の曜日での見学がお勧めです。

資料請求

山口県 医師臨床研修情報

基本情報
山口県では、15の臨床研修病院があり、活気のある病院、アットホームな病院など、それぞれ特徴があります。また、病院、関係機関、行政が一丸となって研修医の皆様をサポートしています。先日も、研修医が企画した交流会に知事が参加し、しっかりサポートしていくと明言しています。皆様のご来県を心から歓迎します。
お知らせ
山口県医師修学資金の追加募集(5人)
募集期間:9/2~12/13
貸付額:月額15万円
応募資格:山口県出身者(県内高校卒業者等)で県内の公的医療機関の小児科、産婦人科、麻酔科、救急科、放射線治療科、病理診断科、呼吸器内科、外科で勤務しようとする者
※一定期間勤務すれば返還が免除されます。
URL
https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/

お問い合わせ医療政策課 畠田 幸一郎