DOCTORS VOICE
初期研修医・専攻医・医師 採用情報

福島県研修病院特集 Vol.2

マッチング

太田西ノ内病院/星総合病院/総合南東北病院/寿泉堂綜合病院/公立岩瀬病院

資料請求

1一般財団法人太田綜合病院附属 太田西ノ内病院

地域の中核的な医療機関の一つ。
急性期医療を担当する高次機能総合病院

臨床研修の目標は、医師としての責任感と使命感を養い、人格を涵養し、将来の専門性にかかわらず、医学、医療の社会的ニーズを認識しつつ、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に対応できるよう、プライマリ・ケアの基本的診療能力(態度・技能・知識)を身に付けることである。当院の特徴は多数の医師が、出身大学や診療科は救命救急センターを含めた多数の専門分野から成り、充実した機器と設備を駆使して高度の先進医療を行っている。第一線医療にチャレンジしたい研修医に適した研修病院である。

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は基本的に2~4回/月行います。救急外来の内科を担当し、初期対応を行います。初期対応後はオンコールなどにより、各診療科へコンサルタントします。1年次研修医と2年次研修医がペアとなり、屋根瓦方式による研修となります。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

当院の最大の特徴は、3次救急を要する急性期病院ということです。救急部門は麻酔科が統括しており、麻酔業務を含めた全身管理の下、ER対応も行います。見学については各診療科、随時対応しており、夜間当直帯のER見学もおススメしております。

2公益財団法人 星総合病院

広く、そして深く。実践的なチーム医療の学びがここにある

当院はcommon diseaseだけでなく救急疾患についても幅広く学べ、基本的な診療能力を身につけることができます。病院全体で研修医を育てようという雰囲気があり、指導医の先生をはじめとしたスタッフの皆さんに熱心で丁寧なご指導をいただけます。疑問点や困ったことがあればすぐに気軽に相談でき、診療科の垣根がないため他科の医師にも気軽に質問ができます。このアットホームさは他の病院にはないレベルです。また、様々な手技や救急対応、入院管理など多くのことにチャレンジできる体制が整っています。さらには症例カンファレンスや救急症例検討会、スキルアップセミナーなど様々な勉強会も頻繁に開催されます。文字通りスキルアップすること間違いなしです。

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は基本的に月4回程度です。指定日には郡山市のみならず幅広い地域から救急の患者さんが集まり、1日平均15件程度の初期対応を研修医が行います。困ったことがあれば上級医に相談できる体制が整っています。また、対応する時間帯が決められていてきちんと休むことができます。翌日は眠くなってしまうこともありますが、昼までの勤務となっており安全面に配慮されています。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

病院の強みとしては循環器内科ですが、研修医がローテートしている科を見学するのが一番イメージしやすいと思います。見学申し込みの際に担当者に是非ご相談下さい。お待ちしております。

3一般財団法人脳神経疾患研究所附属 総合南東北病院

豊富な症例数と自由な気風の急成長中民間病院

「すべては患者さんのために」の院是をモットーに、北は青森、南は大阪までグループ病院を展開する急成長中の民間中核病院です。
自由度の高い病院なので、強い意志と熱意を持つ医師・研修医が全国さまざまな地域から集まってきています。各科の敷居も低く、先輩後輩の仲も良いため、疑問点があれば相談しやすい環境です。また当院は、新専門医制度についても内科・外科・脳神経外科・放射線科・整形外科の5つの領域の基幹施設となっているので、初期研修修了後もここで引き続き専門医を目指すことが可能です。各領域とも症例数が豊富なので、安心して専門医取得を目指すことが出来ます。
ぜひ病院見学にいらして実際に研修医と話し、当院で働くイメージを湧かせていただければと思います。お待ちしています!

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は基本的に月3~4回で、内1~2回が土日祝にあたります。研修医1人あたり平均15件前後の患者対応を行います。ぐっすり眠る事はなかなかできませんが、多くの症例を経験できる充実した当直研修となります。研修医は指導医と共にwalk inや救急車で来る患者の初期対応・問診・検査オーダーを行い、確定診断をしていきます。重症患者の場合も各専門科のオンコール体制が整っており、安心して相談・紹介が出来ます。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

当院で特徴的なのは脳神経外科・放射線科ですが、その他にも外科・消化器内科なども見学におすすめです。基本的にはどの科も月~木曜日が見学に適していますが、特に脳神経外科は火・木、心臓血管外科は火~木、循環器内科は月・火・木が充実しています。また、当直見学を希望するなら月・木が救急指定日となっているので、可能であればその日に合わせて来院することをおすすめします。

4公益財団法人湯浅報恩会 寿泉堂綜合病院

充実したマンツーマン指導となんでも相談できるアットホームな雰囲気

中規模の綜合病院(305床)です。研修医と各科の医師が同じ医局で机を並べているので、上級医師との日常会話や相談がスムーズに行えます。また、診療科同士の垣根が低く、診療情報の共有や治療の相談がしやすい雰囲気も自慢です。マンツーマン指導を中心に据えたプログラムを意識し、数多くの症例を診るとともに、種々の手技をできるだけ多く経験できるように配慮しています。福島県の中央、郡山駅前に位置し、東京まで新幹線で約80分、近くに福島空港もあり、日常生活はもちろん、研修会や学会の参加にとっても便利な環境です。

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

救急当番日を中心に、当直/日直は、月平均3.5回です。基本ウォークイン対応で5~20件程度ですが、入院適応の患者さんも経験します。また、救急搬送患者の対応を手伝うことも。上級当直医と相談のうえ、時間外でも専門医への診療依頼が可能です。睡眠時間はその日の患者さん次第ですが、全く眠れないことは稀です。当直明けは一般業務ですが、日中休憩を多めに貰えることが多いです。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

各診療科には研修指導医がおり、内科、外科、産婦人科を中心に医学生が見学に来ています。臨床実習で興味を持った診療科を希望する医学生がいる一方で、研修医がローテート中の診療科をお勧めする場合もあります。救急当直の見学は木、金の曜日の17時以降になります。

5公立岩瀬病院

オンもオフも充実の研修生活

・コメディカル研修を実施しており、看護部・薬剤部・臨床検査部・放射線部等の他職種の業務を体験しコミュニケーションを含めチーム医療を学ぶことができます。
・可能な限り研修医の希望にそえるよう自由選択期間を長期に設定しています。
・研修医募集定員を少なくしているので、研修医1人当たりの症例数、バリエーションが豊富となり、また指導医からの指導もマンツーマンで受けることができます。
・当院の外科は、日本内視鏡外科学会の技術認定が複数在籍しており、高い診療レベルの中での研修が可能です。
・従来から当院の強みの1つであった小児科に加え、産科婦人科を開設したことによりNICUを含めた周産期についても研修が可能となりました。

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は基本的に2~4回/月で、対応件数はウォークインと救急搬送あわせて5~10件程度です。日程や一緒に診療する先輩医師は、ほぼ自由に選択可能です。当院は1~2次救急がメインであり、ウォークインも救急搬送もファーストタッチもどんどんやらせていただけます。内科疾患の診断はもちろん、動脈採血、腹部・心エコー、縫合といった手技の習熟も目指せます。自信がないときは先輩医師の手厚いサポートもあります。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

病院の特徴であるコメディカル研修は循環器内科研修中に行いますが、毎日のように放射線科や検査課などで研修を実施しているため、何曜日に見学に来ていただいてもコメディカル研修の風景を見学することができます。また、外科についてもほぼ毎日手術を行っているため、いつ見学に来ていただいても高い診療レベルの見学が可能です。

資料請求

福島県 医師臨床研修情報

基本情報
福島の研修医は福島全体で育てる!県内全臨床研修病院がネットワークを形成、「福島アドバンスドコース」「レジデントスキルアップセミナー」などの研修会を豊富に開催し、短期海外研修、インターネット自主研鑽システムなど、全県一丸となって研修医を応援します。福島で医師としての第一歩を踏み出してみませんか!
お知らせ
「福島県臨床研修病院支援制度」のお知らせ
福島県外の医学部4~6年生を対象として、病院見学の旅費を支給します。
1回の行程で県内の臨床研修病院を2箇所以上見学すること、見学日は原則、日付けが連続していること等の条件がありますので、詳しくは県のホームページをご覧ください。
URL
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045d/rmsc.html

お問い合わせ地域医療支援センター 岡部