DOCTORS VOICE
初期研修医・専攻医・医師 採用情報

福島県研修病院特集 Vol.3

マッチング

白河厚生総合病院/竹田綜合病院/福島県立医科大学会津医療センター附属病院/会津中央病院

資料請求

1白河厚生総合病院

医師としてのスタートを白河で!職員全員で研修医を育てます!

県南地区唯一の総合病院のため、幅広い症例を数多く経験できます。定員が6名と少人数のため、同期でローテションが重なることもなく、症例を取り合う心配がありません。また、先輩後輩の仲が良く、研修医みんなで切磋琢磨する環境にあります。研修医同士はもちろん、上級医や指導医、さらには他職種の人たちとのつながりも強く、病院全体で研修医を育ててくれます。総合診療科では全ての基礎になる初期研修の2年間を手厚くサポートします。医師としてなくてはならないgeneral mind、全ての患者に対するものの見方を実地で教えてくれます。研修医が身につけなければならない基本中の基本を一貫した考え方で学ぶことができ、どこよりもgeneralに診れるようになります。研修医宿舎は病院併設、通勤時間はわずか30秒。2年間の研修期間中は、頼れるチーフレジデントと担当事務「白河の母」が徹底サポート!安心して白河においでください。

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は平均4回/月で、内科系外科系の2診体制です。内科系外科系の指導医(上級医)の他に2年次研修医、1年次研修医と、多い日は4名体制の当直のため、完璧な屋根瓦の指導が実現しています。救急車が一晩に〇〇台以上というような慌ただしい当直もあれば、6時間眠れました!というような穏やかな当直もあり、日によって偏りがあります。当直明けは午後からお休みをいただけますので、忙しい当直の翌日も安心です。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

とにかく総合診療科の見学をお勧めします。研修医の1日を間近で体験することができ、当院での研修を実感できると思います。また、1泊2日での見学ですと、夜には日中の見学時には聞けないお話も聞くことができ、なおお勧めです。

2竹田綜合病院

竹田綜合病院は忙しい病院ですが、圧倒的な症例と柔軟で楽しい研修環境があります。

当院の特徴を3点ご紹介します。実際どうなのかは、見学・実習等で来院いただき研修医にご確認ください。
①症例の充実
会津地域唯一のNICUがあり分娩件数は県内有数です。救急外来では会津地域の50%以上の救急車を受入れているため、1・2年目の大事な時期に幅広い分野の疾患を充分に経験することができます。CV挿入・内視鏡・心臓カテーテル検査など手技も豊富で手術執刀の機会もあります。
②勉強する環境が整っている
勉強会は週2回。研修医同士の発表や上級医からのレクチャー等を行います。図書室には豊富な蔵書があり、各種文献・情報検索にも無償でアクセスできます。研修内容も希望に応じて変更可能です。
③毎日楽しく研修ができる
病院内には明るい挨拶と笑顔があふれていて、病院全体に研修医を育てようという雰囲気があり、上級医はもちろん、看護師・コメディカルの皆さんへ質問すると優しく教えてもらえます。

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当院の当直は準夜・深夜・休診日の日勤帯の交代制です(研修医は深夜はありません)
①平均件数 準夜帯は1日約70名の受診があり、研修医も含めて3~4名の医師が分担して初期診療を行います。
②当直明け 当直(準夜)の後は自宅(00時~08時)で休んで翌日は原則通常勤務となります。
③研修医の役割 研修医は上級医とともに初期対応を担当し、必要に応じて専門科の医師を呼出すことで対応しています。 

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

ご自身が見たい診療科を見学すればよいと思います。当院では診療科の都合により見学できない日時をご案内する場合はありますが、特定の日時・診療科をお勧めすることはありません。また、当院を含めて多くの病院を見学し病院の特徴を確認したうえで研修病院を選択することをお勧めします。当院では、臨床実習の受入れも行っています。当院での初期研修を検討されている方は当院での実習も検討されてはいかがでしょうか。

3福島県立医科大学会津医療センター附属病院

問診・身体診察・検査の読み方など、診療の基礎からしっかりと学べる

当院の研修における特徴を5つ挙げさせていただきます。①1ヶ月間の多職種オリエンテーション→看護部、放射線部、栄養部など様々な部門での研修により、他職種への理解やチーム医療を学べます。グラム染色や検体検査はもちろん、レントゲンも1人で取れるようになります。②1人の患者さんに対する一貫した研修→外来診療から入院を自分で決めることができ、検査・治療・退院後フォローまでを通して考え、学ぶことができます。③活発な勉強会や豊富な発表の機会→平日朝の心電図セミナーや週3回夕方に勉強会があります。また初期研修医の人数が限られているため、学会や地方勉強会における発表の機会に恵まれています。④鍼灸研修生が医師と同様の研修を行う→同期の鍼灸師から漢方・鍼灸といった東洋医学の知識を学ぶ機会もあり、日常診療の幅が広がります。⑤自然豊かな土地と美味しい食べ物→1番大切なのは衣食住。ぜひ見学の際に楽しんでいって下さい。

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は週1回、月に計4回です。1当直で対応する患者数は5人前後であるため、患者さん1人1人をじっくり考える「夜間総合内科外来」のようなイメージです。基本は問診・診察から方針決定までを初期研修医のみで行い、上級医と方針を確認しつつ診療を進めていきます。研修指導医によるカルテの評価がある点が特徴で、聞き逃していた・見落としていた所見や挙げるべき鑑別診断等のフィードバックを受けることができます。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

病院の見学は「総合内科」がオススメです。研修プログラム責任者が総合内科の先生であるため、初期研修医と同様の指導内容を教わることができ、初期研修医のリアルに1番近い部分を見られます。見学のタイミングとしては研修プログラム責任者の先生や総合内科山中克郞先生による勉強会がある月曜や水曜がいいと思います。

4会津中央病院

ドクターカーやヘリを活用した独自の搬送ツールを活用し、超急性期疾患に強い病院。

会津中央病院は会津エリア5,420km²(千葉県と同面積)の広大な面積をカバーできる第3次救命救急センターを有しています。全国でも先駆けて1986年にドクターカーを導入し会津方式と呼ばれる独自の搬送方法を確立させました。現在では、ラピッドカー、2機のラピッドレスポンスヘリ、DMATカーなどを導入し、患者さんの状態や災害状況において最も最適なツールを活用し患者受け入れを行っています。その為、数々の外傷疾患のほか、脳疾患、循環器疾患など沢山の症例を経験できるのが大きな特徴です。研修プログラムは、内科6ヶ月、救命救急科3ヶ月、地域医療1ヶ月の必修科の研修の他に、選択必修科として、外科2ヶ月、麻酔科2ヶ月、産婦人科1ヶ月、精神科1ヶ月の研修を行います。残りの8ヶ月は、複数の診療科の選択が可能です。指導体制は、研修医1名に1名の指導医が指導にあたります。

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は事前研修として、1年目は副直として主当直医と共にサブ当直(17時〜23時まで)として経験を積んでいきます。2年目からは月に4~5回の本格的な当直に入り、単独で対応できる力をつけていきます。単独当直といっても救命科の上級医の指導のもと当直を行うため、判断が難しい場合は指示を仰ぐことができます。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

当院では救命救急センターのほか、外傷再建センター、脳卒中センター、循環器病センター、消化器病センターなどを立ち上げ、より専門的な診療を見学することが可能です。診察の予約状況により変動してしまいますので、見学日の曜日の指定は難しいですが、希望する診療科や希望する見学内容(外来や手術、当直など)をご連絡いただければ希望に添える日程の調整を致します。

資料請求

福島県 医師臨床研修情報

基本情報
福島の研修医は福島全体で育てる!県内全臨床研修病院がネットワークを形成、「福島アドバンスドコース」「レジデントスキルアップセミナー」などの研修会を豊富に開催し、短期海外研修、インターネット自主研鑽システムなど、全県一丸となって研修医を応援します。福島で医師としての第一歩を踏み出してみませんか!
お知らせ
「福島県臨床研修病院支援制度」のお知らせ
福島県外の医学部4~6年生を対象として、病院見学の旅費を支給します。
1回の行程で県内の臨床研修病院を2箇所以上見学すること、見学日は原則、日付けが連続していること等の条件がありますので、詳しくは県のホームページをご覧ください。
URL
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/21045d/rmsc.html

お問い合わせ地域医療支援センター 岡部