DOCTORS VOICE
初期研修医・専攻医・医師 採用情報

茨城県研修病院特集 Vol.1

マッチング

水戸赤十字病院/水戸協同病院/水戸済生会総合病院/独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター/茨城県立中央病院

資料請求

1水戸赤十字病院

マンツーマン指導体制で数多くの症例や手技を経験できる実践型の研修

 指導医とマンツーマンで治療を進める実践的な研修により、将来の専門性にかかわらず、日常診療で頻繁に遭遇する病気や病態に対応できるプライマリ・ケアの基本的診療を身につけることができます。1年目は基礎である内科、外科、救急科、2年目は地域医療、産婦人科、小児科、精神科を研修し、それ以外の期間は診療科を自由に選択できます。加えて、近隣の協力病院・施設で、三次救急や総合診療科、保健・医療行政の研修も可能で、幅広い知識と技術も身につけることができます。また、当院は基幹災害拠点病院として、被災者の受け入れや常備救護班の派遣体制を整え、日本赤十字社や県が主催する災害救護訓練や研修会に参加しており、研修医も訓練に参加することができます。災害救護活動における多職種間の連携は強く、日常業務においても医師や看護師、その他のメディカルスタッフとのコミュニケーションがとりやすい環境です。ぜひ一度見学にお越し下さい。

水戸赤十字病院写真

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は最大で月4回までです。当院は二次救急として、平均5件程度の受け入れで適宜休憩も可能です。上級医の指導のもと、希望すればファーストタッチを行うこともできます。当直明けはローテートしている診療科の業務がなければすぐに帰宅でき、研修医のほとんどが平均で10時までに帰宅できています。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

自分が長くローテートを希望する診療科を見学することをお勧めします。また、外科系(外科、整形外科、泌尿器科、形成外科など)では手術の見学が可能で、水曜日の外科のダヴィンチ手術は必見。手術を見学することで研修のイメージをつかみやすくなります。

2水戸協同病院

外科・内科を問わず垣根のない総合診療体制が、「水戸協同病院」モデルを可能にしている

当院における臨床研修は、市中病院における幅広い疾患の症例を経験しながら、病院指導医とセンター教員(筑波大学教官)の直接的指導を受けられることが特徴です。また、臓器別専門科の枠組みを取り除いた形で、総合診療科を中心とした診療システムを採用し、毎週の総合内科回診に加え、研修医は適切かつ迅速な専門的アドバイスを得られるようになっています。さらには、全診療科医師による定期的なレクチャーが毎週実施され、学会発表などの学術活動も盛んに行われています。各科の壁のない協力的な雰囲気で、充実した研修を受けられます。

水戸協同病院画像

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

働き方改革で、初期研修医の当直制度を大幅に変更しています。救急科以外の科を研修中は、準夜当直(17:00~22:00)を月に3回程度とし、夜間(22:00~8:30)の診療は、救急科の初期研修医が夜勤としてシフト制をしいています。救急対応は初期研修医のファーストタッチが原則で、上級医が指導する体制です。初期研修医は1時間当たり1件の対応をしています。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

多くの初期研修医と後期研修医、知識豊富で教育熱心な各専門診療科の先生方、そしてチームをマネジメントする総合診療科の指導医の先生方と当院では切磋琢磨しながら勉強できる環境が整っています。初期研修では初めてで分からないことや不安なことに直面する場面が多くありますが、上級医とチームを組み一つ一つ丁寧に患者さんの診療を包括的に行っていきます。各診療科の垣根が低いのも当院の特徴です。ぜひ、総合診療科を見学して当院の雰囲気を体感してください。グランドカンファレンスの行われる火曜日にお待ちしております!

3水戸済生会総合病院

SPECIALIST 患者さんを総合的に診察できる医師へ

 救命救急センターでは、ドクターカーおよびドクターヘリの基地病院として、1次から3次まで多種多様の救急症例を経験できます。救急科ローテーションの2か月目ではドクターカー、3か月目にはドクターヘリに乗るチャンスがあります。
 茨城県立こども病院と隣接しているため、周産期医療が充実していることが特徴です。総合周産期母子医療センターは県央・県北の最後の砦として、ハイリスク分娩や産科救急症例を多数受け入れています。小児科研修は、こども病院でのローテーションも可能で、毎年1~2名の当院初期研修修了者が、こども病院での小児科専門研修に進んでいます。産婦人科や小児科を考えているあなたにとって絶好の環境です。
 その他にも、院外講師の招聘や各種の院内レクチャーなどで学習の機会を提供しており「知識」に加えて、「自分でやってみる」研修環境を提供しています。

水戸済生会総合病院画像

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

ERは初期研修医にとって貴重な勉強の場であり、重要な戦力だと考えています。このため、原則として月に4回のER当直と、月に1回の休日ER日勤があります。ERでは研修医が患者へのファーストタッチを行います。救急医と一般当直医がいて、救急車とウォークインをそれぞれ指導する体制になっています。日によって救急車が多い時もありますが、当直明けは午前中のうちに帰宅できる体制です。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

人気のある救急科では、ドクターカーは毎日、ドクターヘリは週の後半(木曜日、金曜日、土曜日)が当院の担当なので、これらの搬送症例に遭遇する可能性が高くなります。内科(消化器、循環器、腎臓内科、総合内科)は曜日に関わらずいろいろやっています。もし、隣接するこども病院の見学もしたい場合は、申し込み時にその旨をお知らせください。短時間ですが当院の先輩たちが案内してくれるはずです。

4独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター

主戦場は救命センター!がん・脳卒中・心臓病を中心とした様々な症例の経験を積める

日本人の三大成人病である「がん、脳卒中、心臓病患者」を中心に救急患者からがん患者の診断、治療(手術・化学療法・緩和ケア)まで様々な症例を経験することができます。当院はドクターヘリの基地病院であると同時に、がん拠点病院でもあります。救急医療の資格講習会(JMECC・ACLS等)を院内で受講できますし、緩和ケア講習会も受講することができます。外傷、脳卒中、急性心筋梗塞患者も最新の画像診断を駆使し(MRI等)、県内でもトップレベルで対応しております。その一方で、水戸医療圏における肺がん、消化器がん、乳がん、泌尿器系腫瘍、頭頸部がん、造血器腫瘍については、各診療科の連携のもと積極的な外科手術、化学療法及び放射線治療の集学的治療を行っています。また、100年以上の歴史ある落ち着いた病院で内科・外科とも専門医を多く擁しており、長閑な環境のもと、バランスの良い研修を提供できることを自負しております。

 
独立行政法人国立病院機構 水戸医療センター画像

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は月3回程度で、1回あたり平均5台程度救急車対応を行います。重症患者が多く、研修医は採血や検査オーダー、カルテ記載を中心に行います。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

月~金(年末年始・祝日除く)に各診療科を見学することが可能です。3次救急病院ですので、月~水に見学するとドクターヘリを見られるかもしれません。救急科は入院から退院まで自分達で診ているので、救急対応から病棟管理まで学ぶことができます。

5茨城県立中央病院

ひとりひとりの研修医に寄り添う研修体制と多様性のある充実した研修環境

臨床研修では基幹型及び協力型として28名の研修医が、専門研修では基幹施設(内科・外科)及びほぼ全ての基本領域の連携施設として30名余の若手医師が在籍し、診療科の垣根を越えた屋根瓦形式の研修体制となっています。
臨床研修においては、国の定めを遵守しつつ次の3つを特徴としています。
1 研修医の意志を尊重し、プログラムの自由度を最大限高めることを基本として、研修意欲を引き出す内容としています。
2 各研修分野間の垣根が無く、また、各分野とも第一線で活躍する専門医が在籍し「将来を見据えた」指導を行える体制が整っています。
3 自治医大、筑波大、東大から毎年研修医を受け入れ、多様性のある、オープンな雰囲気のなかで臨床研修に臨めます。

茨城県立中央病院画像

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

研修医の宿直は、救急センターにおける「内科系」と「外科系」の宿直です。
それぞれ指導医等が常駐し、マンツーマンで指導を受けます。
研修医は原則としてファーストタッチを担当しますが、個々の研修医の時期的な能力に合わせて指導医等が適宜フォローし、都度、その場で振り返りを行います。
宿直明けの午後は、原則的に休息を取ってください。午後の行事に備え、研修医専用の仮眠室で休息することもできます。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

見学の時期、見学(経験)したい症例、各診療科の状況にもよりますので、都度、ご相談いただけますと幸いです。最良の見学ができるよう、最大限、調整します。
なお、宿直見学が可能な場合もありますのでお役立てください。
また、土日及び祝日の見学は原則としてありません。

資料請求

茨城県 医師臨床研修情報

基本情報
 年々、初期研修医の採用が増えている茨城県。都心へのアクセスも良好(つくば~秋葉原:45分)で、多様で豊富な症例を経験できるほか、実践的で質の高い研修が受けられます。初期研修の基幹施設も20病院と非常に多く、各病院特色を持ったプログラムを用意していますので、ぜひ茨城県に見学にお越しください。
お知らせ
 茨城県地域医療支援センターは、医学生、若手医師の皆様を、様々な支援制度で全面的にサポートします!
■医療技術研修会(救急ライセンス研修ほか)
■医師海外派遣事業
■シミュレーショントレーニング事業
■教育回診事業
■キャリア相談
 ご興味のある方はぜひお問合せください!
URL
https://ibaraki-dl.jp/

お問い合わせ茨城県地域医療支援センター(茨城県保健福祉部 医療局 医療人材課 医師確保グループ)