DOCTORS VOICE
初期研修医・専攻医・医師 採用情報

山形県研修病院特集 Vol.2

マッチング

公立置賜総合病院/米沢市立病院/日本海総合病院/鶴岡市立荘内病院

資料請求

1置賜広域病院企業団 公立置賜総合病院

自主性に富んだプログラム!豊富な手技!スキルアップ間違いナシ!!

当院は、山形県南部の置賜地区において唯一の救命救急センターを要する基幹病院であり、ほぼ全ての救急患者が当院に搬送されます。そのため、1次から3次まで多種多様な疾病に関わることができ、プライマリ・ケアの習得には最適な病院です。さらに、災害拠点病院、地域がん診療連携拠点病院、感染症指定医療機関にも指定され、専門性の髙い疾患も経験できます。医局は診療科の垣根がなく、なんでも相談しやすい雰囲気が当院の魅力です。他にも、将来の診療科が決まっている人は専門研修につながる総合力を身につけ、希望診療科が決まっていない人は、自分の進む道をじっくり考えることができる柔軟な研修プログラムも魅力のひとつです。

公立置賜総合病院写真

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は基本的に月3回で、自由に増やすことも可能です。1回平均10件前後の患者対応を行います。当院では内科系・外科系1名ずつの当直医がおり、研修医はいずれかの下について、副直医として当直を行います。当直医からマンツーマンでご指導いただける環境で、症例も1~3次救急を幅広く経験できるため、臨床の力を身につけたい方には最適だと思います。当直明けは半日休暇がもらえるため、十分に休養をとれます。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

病院見学にオススメの科としては、
①志望科が決まっていれば、その科がよいと思います。当院のフレキシブルな研修プログラムでは志望科で長く研修できますので、志望科の雰囲気などを知っておくのは重要だと思います。
②志望科が決まっていなければ、放射線科・総合診療科・救急科などがオススメです。理由としては様々ありますが、研修医がローテートしていることが多く、病院の雰囲気などが分かりやすいと思うのが1つです。

2米沢市立病院

「症例ひとりじめ」卒後臨床研修 ~マイペースな研修医募集中~

 米沢市立病院は初期臨床研修の基幹型病院です。当院の臨床研修の特徴として、各診療科の垣根が低く連携が良いこと、病院全体がアットホームな雰囲気でありストレスが少ないこと、看護師やコメディカル等のスタッフが優しくて親切であること、研修医がそれほど多くないため指導医がマンツーマンでしっかりつけること、研修医一人当たりが実際に経験できる手術や手技の数が多くなり「症例をひとりじめ」できること等が挙げられます。また、一度決めたスケジュールの途中変更も可能で、山形大学をはじめとする協力病院等での研修も可能であり、自分のペースで学ぶことができます。令和5年度には、公立である米沢立病院と市内の民間病院とが一体となった新病院が開院します。新病院での米沢市立病院は、急性期病院として市内の救急対応を全て行うことになり、地域医療の重要な役割を担います。現在、全職員が新病院開院に向け一丸となって取り組んでいます。

米沢市立病院画像

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

 当直は基本的に月4回です。17時~21時の準夜帯が3回、8時半~17時の日直が1回です。当直中は平均で10件前後の患者対応を行います。1年目の間は必ず上級医とペアを組むので安心ですし、分からないことがあればすぐに相談できる環境です。希望すれば回数は増やせますし、21時~翌8時までの当直に入ることもできます。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

 「外科」と「救急科」をおススメします。「外科」では実際に手術に入り、簡単な手技を経験させてもらえます。もちろん丁寧に指導していただけます。「救急科」では、研修医がどれくらいまで仕事をまかされているか見学することができます。曜日については問い合わせていただければと思います。

3日本海総合病院

実践主義を掲げキャリアパスに取り組む病院

指導熱心な上級医が多く、どの診療科を回っていても手技があれば積極的に教えてもらえますし、やる気があれば色々なことに挑戦させてもらえます。まさに実践主義です。研修医習得必須の手技はもちろん、内視鏡や手術、カテーテルなども実際に手を動かして体験することができるので、志望科で悩んでる人にもおすすめだと思います。業務終了後に、自己学習したりフィードバックをする時間的な余裕もあります。プライベートでは海が近い港町として、海鮮料理や美味しいお酒が楽しめます。自然も豊かで、雄大な鳥海山を眺めながら充実した研修生活が送れます。研修もプライベートも充実させたい人にとっては、もってこいの病院です。内科・外科・産婦人科・麻酔科(申請中)専門研修プログラムの基幹施設なので、該当診療科志望なら3年目以降もここで研修可能です。豊富な症例の中で腰を据えて勉強したい方はぜひ研修にきてください。

日本海総合病院画像

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

当直は1年目の10月から始まるため、ある程度仕事に慣れてから始められます。当直の件数は3-4回/月、時間は17:15-0:00までです。1回で受け持つ患者の数は重症度やその日の忙しさで変わりますが、大体5人前後です。上級医指導のもと、診察、検査、治療、コンサルトまですべて研修医が主体で行います。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

内科、外科、救急などの必修科、自分の興味のある科がおすすめです。内科は水曜日に勉強会を行っています。外科手術は基本毎日あります。救急の初期対応に関しては国家試験でもよく出るため、見ておいて損はないです。

4鶴岡市立荘内病院

高待遇・学閥なし。研修医一人ひとりが即戦力として輝ける場所がここにはある

皆さんが臨床研修先を決めるとき、最も重視することは何でしょう。荘内病院での研修をオススメする理由を、3つに絞ってお伝えします!
①「高待遇」であること。時間外手当のほか各種手当が充実していて、2年次の年収はなんと1,000万円近く!すごくキレイな医師公舎(1K)も無料で住めます。
②「学閥がない」こと。指導医の先生方は近場の山形大学だけでなく、その他多くの大学から出られているので、学閥はほとんどありません。研修修了後全国へ羽ばたく研修医を力強く後押ししてくれる自由な雰囲気が魅力です。
③「研修医一人ひとりが輝ける」こと。1年次の定員は5名と少人数制なので、指導医をはじめ病院スタッフが研修医一人ひとりをとても大切にしてくれるんです。また、病床数に対し常勤医が少ないため、研修医が活躍できる場が多いこともやりがいを感じますね。
医師としての第一歩を、実力を最大限に伸ばせる荘内病院で踏み出してみませんか?

鶴岡市立荘内病院画像

見学に行きたくなる一問一答スペシャル

内科/救急研修中の当直回数・当直中の初期研修医が「救急対応する平均件数」「当直明けの体制」「研修医の役割・患者対応」について具体的に教えてください。

1年次は日をまたぐ宿直がなく、日直等の研修を月3回割り当てられ、最大計5回まで入ることができます。2年次からは宿直や日直等を月3回割り当てられ、最大計8回(宿直は最大2回)まで入ることができます。当院における1年間の救急患者数は約14,000人で、診療圏内の救急医療の大部分を当院が担っています。多くの症例に出会うことができるので、当院での研修は医師人生において大きな力になること間違いないでしょう。

病院見学の際に何科を見学するべきか悩む医学生が多いので、「研修医の先生から医学生におススメする見学科(曜日やタイミング)と理由」を教えてください。

志望科が決まっているなら、そちらを見学されるのが1番でしょう。もしまだ決めかねているようであれば、当院は山形県地域周産期母子医療センターに認定されているので、小児科や産婦人科の見学は特にオススメですね。手技を多く学びたい場合は外科や整形外科も。当院臨床研修医リクルートサイトからいつでもお申し込みいただけますので、お気軽に見学にいらしてくださいね。お待ちしております!

資料請求

山形県 医師臨床研修情報

基本情報
 山形県は、県内4つの二次保健医療圏(村山・最上・置賜・庄内)に9つの基幹型臨床研修病院があり、各病院特色ある研修プログラムで皆様をお待ちしております。
 つや姫、米沢牛、サクランボ、日本酒などのおいしい食べ物等や蔵王、最上川、山寺、銀山温泉などの魅力のある多彩な観光地が豊富な山形県で臨床研修を行ってみませんか。
お知らせ
 毎年5月頃、県内の臨床研修病院が一堂に会し、個別ブースにて研修プログラム等の説明を行う「臨床研修病院ガイダンス」を開催している他、夏休み期間中、県内4地域で臨床研修病院や診療所等での実習や見学を行う「地域医療実習」も実施しております。
 ご興味のある方は、下記お問い合わせ先までご連絡ください。
URL
https://www.pref.yamagata.jp/090013/kenfuku/iryo/ishikangoshi/ishikakuho.html

お問い合わせ健康福祉部医療政策課地域医療支援室